インフルエンザの菌を抑える効果がある薬リレンザについて説明する医師

一昔前にはインフルエンザ治療に効く薬がなく対処療法などで治していく手段しかありませんでした。しかし今日の医学の発達などでリレンザなど抗インフルエンザ治療薬が出てきて、体内で増える菌を抑えてくれます。そんなリレンザについてご紹介します。

リレンザは風邪にも効く?

リレンザはインフルエンザの治療で用いられる薬で、ノイラミニダーゼ阻害薬に分類されています。インフルエンザはウイルスが細胞内に侵入すると、自己を複製して別の細胞に感染することで増殖を繰り返し、発熱や吐き気など特有の症状を発生させます。この細胞から細胞へと移動する際に、ウイルスを切り離すためにノイラミニダーゼと呼ばれる酵素を使用するのですが、有効成分であるザナミビルがその働きを阻害することで移動を阻止し、細胞内に閉じ込めて症状を緩和するのがリレンザの働きです。そのため、全身に増殖しきった状態では効果がないため、インフルエンザが発症してから、リレンザは48時間以内に飲むことが重要となっています。このノイラミニダーゼはインフルエンザのA型及びB型のみに存在することから、持ち合わせていないC型には効果がありません。一般的に風邪と呼ばれている症状は、インフルエンザと同じウイルス性のもので、同じように気道の細胞に感染することで、発熱などの症状を起こします。インフルエンザの方が重症化しやすいですが、症状も似たようなものが多いことから風邪と似た様なものと考えている人も多いです。しかし、感染率や症状の重さについては全くことなり、原因となるウイルスについても全くの別物となります。風邪の原因となるのは主にライノウイルスやエコーウイルスなどで、その他にいくつもの種類が存在します。しかし、インフルエンザについては、A香港型といった亜種は存在しますがインフルエンザウイルスのみです。その中でもA型とB型のみに効果を発揮するリレンザは、ノイラミニダーゼを持たないライノウイルスなどには効果がありません。つまり、風邪を治すためには別の風邪薬を用意する必要があるということになります。