インフルエンザの菌を抑える効果がある薬リレンザについて説明する医師

一昔前にはインフルエンザ治療に効く薬がなく対処療法などで治していく手段しかありませんでした。しかし今日の医学の発達などでリレンザなど抗インフルエンザ治療薬が出てきて、体内で増える菌を抑えてくれます。そんなリレンザについてご紹介します。

インフルエンザで就業制限や安静ならリレンザ

インフルエンザは、最悪の場合、命を奪いかねない重篤な症状です。
また感染の確率が高いところから、学校では学級閉鎖になったり、企業では就業制限を行う措置がとられることも珍しくありません。
もしインフルエンザに罹患したら、薬を飲んで安静にしているほか、なすすべはないのです。
昨今は、治療薬として、タミフルやリレンザなどがあり、症状の緩和に大いに貢献するようになりました。
ただ、タミフルの場合は、若年層の患者が服用したときに、たまに異常行動を誘発する事例があることが報告されています。
原因は明確ではありませんが、そういった副作用への懸念から、リレンザが重宝されることが多くなってきました。
リレンザはタミフルよりも副作用が少ないことで、医師としても安心して処方できる点が高く評価されています。
リレンザは、吸入タイプの薬であるというのが一番の特徴です。
インフルエンザウイルスは、息を吸ったときに鼻や喉から吸い込まれてきて、その後、気道などの粘膜で増殖する性質を持っているところから、あえて吸入タイプとした経緯があります。
タミフルのようなカプセルでは気道には届きにくいのが現実ですが、粉末であれば粘膜に直接働きかけるのです。
インフルエンザの治療のためには、吸入式は薬剤を迅速に送り込んで、ウイルスの増殖にストップをかけることができますので、比較的速やかな効果を期待することができるのです。
また、吸入薬ですので副作用のリスクも低いとされています。
そういった安全性の点でも、リレンザはタミフルよりも評判の高い薬なのです。
さらに、タミフルには耐性を持ったウイルスに対しては思うような薬効を発揮いたしません。
リレンザであれば、耐性ウイルスというのは現時点ではいませんので、タミフルよりも高い効果が期待されています。