インフルエンザの菌を抑える効果がある薬リレンザについて説明する医師

一昔前にはインフルエンザ治療に効く薬がなく対処療法などで治していく手段しかありませんでした。しかし今日の医学の発達などでリレンザなど抗インフルエンザ治療薬が出てきて、体内で増える菌を抑えてくれます。そんなリレンザについてご紹介します。

インフルエンザ感染症にリレンザは効果、熱は下がる?

インフルエンザはウイルス性の感染症です。主に冬に流行し、学級閉鎖を行う学校が増えます。
インフルエンザウイルスは感染力が強く、飛沫感染はもちろんのこと、接触や空気によっても感染していきます。乾燥した空気と乾燥した粘膜を好み、空気中では2日程度漂うことができます。
インフルエンザの大きな特徴として、いきなり高熱が出ることがあげられます。子供の場合、元気だったのが急にぐったりし、大人の場合は、悪寒がしてくることが多いです。その後、全身が痛い、だるい、頭痛や腹痛、咽頭痛がするといった症状がでてきます。最初から鼻水が出ることはありません。
インフルエンザに感染した場合、リレンザが使用されます。抗インフルエンザ薬にはリレンザの他にタミフルやイナビルがありますが、リレンザには耐性ウイルスがまだ見つかっておらず、副作用も少ないため使用されることが多いです。子供に関しても、異常行動を起こすことが少ないので使われています。
リレンザを使用すると熱は下がるようになります。
これはウイルスの増殖を止めたからです。リレンザはウイルスの増殖を止める働きがあり、ウイルスの数が多くなりすぎると薬の効き目が下がるという性質があります。薬の効果を十分に得るためにも発症から48時間以内に使用を開始するようにしましょう。
リレンザは、吸入薬なので、ウイルスに直接作用することができます。副作用としては、下痢などが起こることがあります。
リレンザを吸入すると、数日後には体が楽になりますが、ウイルスは体内にいるので、無理をしないことが大切です。インフルエンザ感染症は重症化すると生死にかかわることもあるので、他の人に感染させないよう、配慮することも大切です。