インフルエンザの菌を抑える効果がある薬リレンザについて説明する医師

一昔前にはインフルエンザ治療に効く薬がなく対処療法などで治していく手段しかありませんでした。しかし今日の医学の発達などでリレンザなど抗インフルエンザ治療薬が出てきて、体内で増える菌を抑えてくれます。そんなリレンザについてご紹介します。

感染の定点観測と悪性インフルエンザにリレンザ

日本では冬に各地でインフルエンザの流行を見ることができます。厚生労働省はこうしたインフルエンザの感染を定点観測し、ネットや新聞で警告や警報を知らせています。しかしこうした定点観測で注意喚起されていても、体の免疫が低下しているとどうしてもインフルエンザに感染してしまいます。そのため冬を迎えるにあたって、感染しない環境や体作りをすることが大事です。例えば流行シーズンの11月から2月の前、9月から予防接種を受けることが有効です。体に抗体ができると、悪性のインフルエンザやその他の感染症などに感染しにくくなるほか、万が一感染したとしても重症にならず経度で済むようになります。また持病があり予防接種ができない場合には、リレンザなどを吸入し、予防対策にすることもできます。流行ピーク時にリレンザを吸入しておけば肺に薬剤が拡散し、侵入したウイルスの増殖をブロックしてくれます。また体の免疫力を高める生活を送ることも大事です。免疫力を高めるには規則正しい生活が基本です。就寝を出来るだけ長くとるのも一つです。疲れやストレスをためないことは免疫力をアップすることになります。また食生活も非常に重要です。出来るだけ体温をアップさせるような食材を選ぶことが大事です。ヨーグルト、納豆などの発酵食品は腸内環境を悪玉菌から善玉菌の好環境に整え、免疫力をアップしてくれます。また流行シーズンには室内を湿度50%に維持することが大事です。湿度が高いとインフルエンザの活動が鈍り感染リスクが低下します。また感染者の飛沫を吸い込まないようにマスクを流行シーズンに装着するのもよいでしょう。手洗いうがいを徹底して、手先の消毒薬を常に携帯するのも有効であると言えます。